まず最初にセロトニン的幸福を求めるべき理由

1番大切な「セロトニン的幸福」

「幸福には種類があり、優先順位がある。」その様に聞くとピンと来ない方もいるかもしれない。

しかし実際に、まず追い求めるべき幸せの種類が脳神経科学に存在するのだ。

その事実を知らずに自分の体に鞭を打って頑張る人、あるいはやる気が出ずにぐーたらしてしまう人は非常に勿体無い事をしていると思う。

今回は私たち人間がまず最初に必要な「セロトニン的幸福」について解説していく。

セロトニン的幸福とは

脳神経科学的に幸せとは大きく3つに分けられることが多い。

「ドーパミン的幸福」「オキシトシン的幸福」「セロトニン的幸福」である。

今回はその中でも最も大切と言っても過言ではない、しかし最も見逃されがちな「セロトニン的幸福」について解説する。

セロトニンとは、トリプトファンというアミノ酸を材料に体内で分泌される。神経伝達物質の一種である。セロトニンは精神の安定や心のバランスを整える作用があり、その重要性からノルアドレナリンやドーパミンと並んで三大神経伝達物質と言われている。

セロトニン的幸福は「リラックスした穏やかな幸福」と言われている。

日光を浴びて「心地良い」と感じている時やマッサージを受けて「気持ち良い」と感じている時など弱い刺激、または刺激がない時に感じる幸せの種類でもある。

ちなみにドーパミンは達成感や快感などの「刺激に強い幸せ」、オキシトシンは家族とハグした時やペットをかわいがっている時などの「愛情の幸せ」と言われている。

セロトニン的幸福が大切な理由

なぜこのセロトニンが一番大切なのか。それは全ての土台となるからである。

セロトニンは先ほども説明した通り、感情の安定を司る。セロトニンが十分に分泌されていないと不安、恐怖、イライラなどを募らせストレスが溜まりやすくなってしまう。

この状態で他の幸せを追い求める事はできるか。

例えばドーパミンの場合

イライラした状態では地道な努力や冷静な判断が出来なくなりやすい。また、喜びという感情も感じにくくなってしまう。つまりドーパミンベースで日々の仕事や勉強、運動などの行動を起こすのが億劫になってしまう。

その結果、人は「簡単で強い刺激」(=スマホや酒、ポルノ)などに快感を求めやすくなる。

その行動を取ることで自己嫌悪に陥りさらに不幸せな状態となってしまう負のループが繰り返される。

例えばオキシトシンの場合

愛情ホルモンであるオキシトシンを分泌させるには自分の好きな対象を思い切り愛する事が条件となる。

セロトニンが不足したイライラした状態で、その様な事をするのが難しい事は想像できる。

また、オキシトシンは人間関係が良好であることも非常に重要だが、尚更セロトニンによる感情面の安定が必要になるのは言うまでもないだろう。

やはりまずはセロトニン

このようにセロトニンが不足していると、ドーパミン的幸福もオキシトシン的幸福も追い求めることが出来なくなってしまう。結局人間はまず感情を安定させないと何もできないのだ。

逆に言えば、セロトニン的幸福さえちゃんと感じる事ができていれば、地道な努力によりドーパミン的幸福を追い求める事も容易になるし(ストレスが溜まらない)、自分の好きなものをしっかりと愛する心の余裕ができる。

まずは「セロトニン的幸福」によって幸せな気分を手に入れて、それから「ドーパミン的幸福」「オキシトシン的幸福」を追い求めるのが圧倒的に効率が良いと思わないだろうか。

セロトニンを分泌する方法。

それではセロトニンを分泌する方法を紹介する。

1,日光を浴びる。

セロトニンを分泌する上で最も手軽で強力なのが日光を浴びる事だ。私は毎朝最低15分は日光を浴びるようにしている。

ただ日光を浴びるだけでなく、その気持ち良さを全力で味わうとより効果的だ。朝一でその時間を作ることで気分が上がり、やる気に満ち溢れて、最高のスタートを切ることができる。

また、朝作られたセロトニンは夜にはメラトニンという睡眠物質になり、良質な睡眠を取ることができる。

控えめに言って費用対効果最強の方法だ。

2,リズム運動をする。

軽いジョギングなどのリズミカルな運動はセロトニンに分泌を増加させる。理想は朝日光を浴びながらジョギングなどをすることだ。しかし、毎朝ジョギングを実行するのは物凄く難しいというのが現実だ。

そこで私がおすすめするのは「毎朝、ジョギングウェアに着替えてから朝日を浴びる」という作戦だ。

これは別記事にて紹介している「習慣を極限まで簡単にする」という方法だ。気分が乗らなければ朝日を浴びるだけで問題ないし、ジョギングできそうならすればいい。それくらい軽い負荷の方が習慣は長続きするものだ。

起きたら朝日を浴びてジョギングをすれば一日の気分は最高になる。今日一日という日に勝利宣言ができる。ぜひ試してみてほしい。

3,納豆とバナナを食べる

セロトニンは前述の通り、トリプトファンというアミノ酸を材料に合成される。そしてそのほとんどが腸内で合成されるのだ。つまりセロトニン分泌には「アミノ酸摂取」と「腸内環境を整える」ことが鍵となる。

納豆とバナナはその両方を同時に叶える事ができる食べ物だ。またバナナに関してはトリプトファン摂取の助けとなるビタミンB6も豊富に含まれている。

またヨーグルトなどもとても効果のある食べ物となっている。

私は朝食に納豆とバナナを食べて、夕食後やおやつにヨーグルトを食べるようにしている。

これらもまたとても簡単にできるのでぜひ習慣にしてほしい。

全て朝に実施できる。

前述した3つの方法はどれも簡単にできる上、朝にできる行動ばかりのため非常に習慣にしやすい。(やる気物質のドーパミンは朝に最大値を記録するため、朝は習慣化に適した時間帯となっている。)

朝起きたらジョギングウェアに着替えて朝日を浴びる。気分が上がればそのままジョギングをして、朝食に納豆とバナナを食べる。

セロトニンを分泌して勝利宣言をしよう。

前述した内容を実行するだけで心が安定し幸せな気分になれる。夜もぐっすり眠れて気力が充実する。

そのような状態になれば、日々の仕事や勉強などに没頭して頑張れるようになる。

没頭して頑張れば日々に充実感が出て、自己肯定感が上がる。

そのような手順を踏むことで最終的に大きな目標を達成したり(ドーパミン的幸福)、周囲の人と良好な人間関係を築けるようになってくる。(オキシトシン的幸福)

人間は不満があると、より簡単に得られる快楽に流されてしまう。そうならないようにまずは朝日を思い切り気持ち良く浴びる事でセロトニンを分泌する。

そうすると「それだけで人生ってとても良いものなんだな」という気分になってくる。そうなったら勝利宣言をしよう。

すでに幸せだからいくらでも頑張れる。すでに幸せだから人に全力で優しくできる。

毎日苦しい、イライラする、ストレスが溜まっている人こそセロトニンを意識して日々を過ごしてほしい。

扱いにくいドーパミン的幸福や、別の人との関わりが必要なオキシトシン的幸福と違ってセロトニン的幸福は太陽さえあれば、自分の身体さえあれば簡単に得られるのだから。

タイトルとURLをコピーしました