まぐてつ

習慣術

選択の余地があるから人はサボる

人はなぜ簡単にサボってしまうのか。それは「選択の余地」があるからである。 「やろうかな、でも面倒だな」なんて考えた瞬間、人は「サボりたい」と強く思ってしまう。この反応は生存本能からきており、本当に一瞬だ。 「選択の余地」を無くせば、その反応を避けることができる。本記事ではその方法を紹介する。
習慣術

脳の3つのモードを意識的に使いこなす

最新の研究で、脳には3つの活動モードがあることが分かっている。 DMN→雑念状態 CEN→集中状態 SN→2つのモードを意識的に切り替える時の状態 これらをうまく切り替えることでストレスレベルを下げたり自在に集中したりする事ができるようになる。 本記事ではその方法を解説する。
習慣術

【作業興奮】を最大限活用する方法

どうしてもやる気が出ない時はどうすればいいのか。その答えは「作業興奮」にある。 作業興奮とは「やる気がなくても行動をすればやる気が出てくる」という理論のことである。 本記事では、作業興奮に関する解説と、どのように活用するかについて解説していく。
習慣術

習慣付けの最強の方法は「習慣を極限まで簡単にする」である

新しい事は習慣付けるのは非常に難しい。それは人間のホメオスタシスという機能により制御されるからだ。 ではどのようにしてホメオスタシスに制御されずに新しい事を習慣付けるか。 その最良の方法は「習慣を極限まで簡単にする」というものである。 本記事では具体的にその方法を紹介する。
習慣術

「努力できる」脳の状態にする方法

世の中のほとんどの人が努力を継続する事ができない。逆を言えば、努力を継続さえできれば世の中の一握りの人間になれる。 努力を継続できるようにするためには、まずそのための脳の状態を整える必要があると私は考えている。 本記事では脳の状態を整えるのが大事な理由とその方法を解説する。
習慣術

【実践版】超具体的な行動計画の立て方(後編)

目標設定をした後、必要になるのが行動計画である。 しかし行動計画の立て方があまり分からないという方も多いのではないだろうか。 本記事では実際の例を使って具体的な行動計画の立て方を紹介してく。
習慣術

【実践版】超具体的な行動計画の立て方(前編)

目標設定をした後、必要になるのが行動計画である。 しかし行動計画の立て方があまり分からないという方も多いのではないだろうか。 本記事では実際の例を使って具体的な行動計画の立て方を紹介していく。
習慣術

成長の原理原則に沿って行動計画を立てる

行動計画を立てるときに大事なこと、それは人が成長する時の原理原則だ。本記事では以下の成長の原理原則について説明していく。 ・成長にはある程度の長い時間が必要。 ・成長には必ずブレイクスルーするタイミングがある。 ・成長には感覚を掴む必要がある。 ・成長には挑戦が必要。
習慣術

結果に執念を燃やす人の方が、中々良い結果が出ない理由

目標を達成するためには「執念」が必要だ。これは、当たり前の事として認知されている。 しかし本当に大事なのか。私は執念を燃やせば燃やすほど、良い結果から遠ざかっていくと考えている。 本記事ではなぜ執念を燃やすほど良い結果から遠ざかるか説明していく。
習慣術

まず最初にセロトニン的幸福を求めるべき理由

頑張りすぎな人、どうしてもやる気が出ない人、そのような人は幸せホルモンと言われるセロトニンが足りていない可能性がある。セロトニンは最も大切だが最も見逃されがちだ。なぜセロトニンが大切なのか、理由も含めて解説していく。